福音の丘
                         

年間第4主日 B年

マルコによる福音1章21-28節

 一行はカファルナウムに着いた。イエスは、安息日に会堂に入って教え始められた。人々はその教えに非常に驚いた。律法学者のようにではなく、権威ある者としてお教えになったからである。そのとき、この会堂に汚れた霊に取りつかれた男がいて叫んだ。「ナザレのイエス、かまわないでくれ。我々を滅ぼしに来たのか。正体は分かっている。神の聖者だ。」
 イエスが、「黙れ。この人から出て行け」とお叱りになると、汚れた霊はその人にけいれんをおこさせ、大声をあげて出て行った。人々は皆驚いて論じ合った。B「これはいったいどういうことなのだ。権威ある新しい教えだ。この人が汚れた霊に命じると、その言うことを聴く。」

 イエスの評判は、たちまちガリラヤ地方の隅々にまで広まった。


「晴佐久神父様説教」